創発がひらく未来メディアとは?「ソーシャルメディアウィーク東京2014」4日目の実況中継ツイート&動画アーカイブまとめ

加藤たけし | 2014/02/21

創発がひらく未来メディアとは?「ソーシャルメディアウィーク東京2014」4日目の実況中継ツイート&動画アーカイブまとめ

世界8都市(ニューヨーク、バンガロール、バルセロナ、コペンハーゲン、ハンブルク、ラゴス、ミラノ、そして東京)で同時開催中のソーシャルメディアウィーク。3日目までは残念ながら参加できなかったのですが、4日目である20日(木)は会場の浜離宮朝日ホールに行ってきました。

 

(ループス・コミュニケーションズが運営するこの「in the looop」は メディアパートナー を務めさせていただいております)

 

 

私も3日目まではそうでしたが、「残念ながら平日の日中は業務時間で会場に足を運べない…」というような声もソーシャルメディア上に多く見られました。せっかく会場に行ってきたことですし、この記事では可能な範囲で、各セッションの実況中継ツイートと動画アーカイブをまとめていきたいと思います。

 

 

<2月20日(木)創発がひらく未来メディア> ※セッション順、敬称略

 

1.2014年 ソーシャルメディア トレンド予測

 結局、企業はソーシャルをどう活用できたのか? そして、どこへ向かうのか?

 加藤 希尊 氏(セールスフォース・ドットコム)

 

2.ウエラブルは流行か、革命か

 朝日新聞メディアラボ Wearable Tech Expo担当

 

3.技術はメディアを変えるか?

 福島 良典 氏(Gunosy)、藤谷 健 氏(朝日新聞社)

 

4.ジャーナリズム再考:ビックデータとテクノロジー

 津田 大介 氏(ITジャーナリスト)、岡崎 直観 氏(東北大)、奥山 晶二郎 氏(朝日新聞)

 

5.アートとジャーナリズムの未来形 〜社会問題をどう提示し共有するか?

 猪子 寿之 氏(チームラボ 代表取締役)、長谷川 祐子 氏(東京都現代美術館 チーフ・キュレーター)、竹下 隆一郎 氏 (朝日新聞 メディアラボ)

 

6.Webにおけるマンガ創造プラットフォーム ーマンガボックスー

 川崎 渉 氏(ディー・エヌ・エー)

 

<イベント概要>
今年も世界8都市で同時開催!「ソーシャルメディアウィーク東京2014」の登壇ゲスト陣まとめ http://media.looops.net/kato/2014/01/30/socialmediaweek-tokyo-2014/

 

 

2月20日(木)創発がひらく未来メディア

 

2014年 ソーシャルメディア トレンド予測:加藤 希尊 氏(セールスフォース・ドットコム)

 

 

 

実況中継ツイートのまとめはこちら→ http://togetter.com/li/632260

 

 

ウエラブルは流行か、革命か:朝日新聞メディアラボ Wearable Tech Expo担当

 

 

 

実況中継ツイートのまとめはこちら→ http://togetter.com/li/632272

 

 

技術はメディアを変えるか?:福島 良典 氏(Gunosy)、藤谷 健 氏(朝日新聞社)

 

 

 

実況中継ツイートのまとめはこちら→ http://togetter.com/li/632288

 

 

ジャーナリズム再考:ビックデータとテクノロジー:津田 大介 氏(ITジャーナリスト)、岡崎 直観 氏(東北大)、奥山 晶二郎 氏(朝日新聞)

 

 

 

実況中継ツイートのまとめはこちら→ http://togetter.com/li/632299

 

 

アートとジャーナリズムの未来形 〜社会問題をどう提示し共有するか?:猪子 寿之 氏(チームラボ 代表取締役)、長谷川 祐子 氏(東京都現代美術館 チーフ・キュレーター)、竹下 隆一郎 氏 (朝日新聞 メディアラボ)

 

 

 

残念ながら、セッションの動画アーカイブはありませんでした。

実況中継ツイートのまとめはこちら→ http://togetter.com/li/632333

 

 

Webにおけるマンガ創造プラットフォーム ーマンガボックスー:川崎 渉 氏(ディー・エヌ・エー)

 

 

 

実況中継ツイートのまとめはこちら→ http://togetter.com/li/632363

 

 

<全体プログラムはこちら>
今年も世界8都市で同時開催!「ソーシャルメディアウィーク東京2014」の登壇ゲスト陣まとめ http://media.looops.net/kato/2014/01/30/socialmediaweek-tokyo-2014/

 

2012年に初上陸して6千人以上、2013年は1万人を動員し、今回が3年連続3回目となるソーシャルメディアウィーク東京2014も早いもので、残すところあと1日。いよいよ本日は最終日です。最終日は海外ゲストも盛りだくさん!とても楽しみにしています。

 

最終日のセッションについても、可能な限りこのメディア「in the looop」でまとめていきたいと思っております。お忙しい皆さまのお役に立てれば幸いです。

 

 

最後になりますが、ループス・コミュニケーションズが運営するこの「in the looop」はメディアパートナーを毎年務めさせていただいており、1年前の「ソーシャルメディアウィーク東京2013」の様子は以下にまとめています。まだご覧になっていない方はぜひ週末など、お時間がある時にご覧ください。

 

「ソーシャルメディアウィーク東京2013」の動画アーカイブまとめ

 

世界10都市(ニューヨーク、ハンブルク、トロント、ワシントンDC、シンガポール、ドーハ、マイアミ、ミラノ、アトランタ、そして東京)で同時開催された「ソーシャルメディアウィーク2013」。東京で開催された全66セッションの実況中継ツイートと動画アーカイブをまとめました。

 

1日目:世界はどう変わりつつあるのか?
http://media.looops.net/kato/2013/02/20/smwt2013_archive/

 

2日目:オープン・ガバメントを考える / 「自走・拡散・浸透」の新マーケティング
http://media.looops.net/kato/2013/02/20/smwt2013_archive2/

 

3日目:ジャーナリズム2.0
http://media.looops.net/kato/2013/02/21/smwt2013_archive3/

 

4日目:メディア・イノベーション
http://media.looops.net/kato/2013/02/21/smwt2013_archive4/

 

5日目:文化・アート・娯楽の未来系
http://media.looops.net/kato/2013/03/01/smwt2013_archive5/

 

 

「ソーシャルメディアウィーク東京2014」の参考URL

 

Social Media Week TOKYO 2014
http://socialmediaweek.org/tokyo/

 

「Social Media Week 2014」を東京で開催
テーマは「The Future of Now: Always On, Always Connected.」
http://www.cci.co.jp/news/release/2014_01_17/01.html

 

「Social Media Week TOKYO」においてSpotify、LaunchRock、Optimizelyの登壇が決定
日本初開催の「Music Hack Day」にも協賛
http://www.cci.co.jp/news/release/2014_01_24/01.html

 

 

記事執筆:加藤 たけし(in the looop編集部)

https://www.facebook.com/takeshi.kato1204

COMMENT

1 件のフィードバック

  1. mpresso より:

    創発がひらく未来メディアとは?「ソーシャルメディアウィーク東京2014」4日目の実況中継ツイート&動画アーカイブまとめ

AUTHOR PROFILE

  • 著者:加藤たけし
ループス・コミュニケーションズ所属。ジャスダック上場の人材紹介(転職支援)会社で新卒採用とWebマーケティング、編集やキャリアコンサルタント、新規事業立ち上げを経験しながら3年半勤めた後、ITベンチャーを経て2010年10月からループスに加入。ソーシャルメディアの最先端情報をお届けするUSTREAM番組 ループスTV のプロデューサーも務める。
 
プライベートでは日本最大規模の読書コミュニティ「読書朝食会Reading-Lab(通称リーラボ)」発起人 。ITmediaオルタナティブ・ブログ ソーシャル&リアルの世界 にてソーシャルメディアの最新情報を中心に執筆するとともに、夫婦メディア @Cafe(アットカフェ) も運営。2013年からは「社会的な課題の解決に取り組む革新的な事業に対して、資金の提供と、パートナーによる経営支援を行っている組織」ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京) のパートナーも。1983年生まれ。2006年SFC卒。

 

座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」

 

より詳細なプロフィールや連絡先等は以下にまとめています。よろしければぜひご覧ください。

加藤たけしのプロフィール・連絡先

Facebook:Takeshi Kato
  • twitter
  • facebook
記事の一覧を見る

ARCHIVES