【速報】グリー、2012年春に国内外のプラットフォームを統一し世界展開を加速

岡村健右(おかむらけんすけ) | 2011/12/06

【速報】グリー、2012年春に国内外のプラットフォームを統一し世界展開を加速

Looops岡村(健)です。今日はGREEのグローバル展開についての記者会見に参加してきました。今日の発表は既にグリーからリリースも出ています。

 

グリー田中良和社長

 

・現在GREEの会員は2700〜2800万人

・モバイルにシフトして以来、会員数が急増

・スマートフォンは現在11億台、2015年には47億台と予想される

・GREEのビジネスモデルはユニークである

・国内のGREEと国外のopenfeintを「GREE」ブランドに統一

・世界中にオフィスを設置している

 ・大手ゲームメーカーがハイクオリティゲームを提供

 

新しい「GREE PLATFORM」

・グローバル 1.5億ユーザーに対して用意にアプリ配信が可能

・コスト   グローバル市場に向けたアプリ開発コストを最小か

・ノウハウ  GREEの技術、ノウハウを世界中のデベロッパーに提供

・ARPU    高ARPUを誇る日本市場に、世界中から配信可能

 

グリー吉田大成氏
・スマートフォン向けで月間20億コインを消費するゲームもある
・GREE、openfeintの統合で
・アプリポータル、ダッシュボード、SNSを一つに統合
・サポート言語を拡大(14ヶ国語に対応へ)
・パートナーサポート体制も充実
(ローカライズ、ホスティング、デバッグ、ユーザーサポート、複数ミドルウェア対応)

 

ここからは大手ゲームメーカーの方々から提供ゲームの紹介でした

 

株式会社カプコン 一井克彦氏

株式会社コーエーテクモゲームス 小林伸太郎氏

株式会社コナミデジタルエンタテインメント 早川英樹氏

株式会社セガ 岩城農氏

株式会社タイトー 庄司顕仁氏

株式会社バンダイナムコゲームス 浅沼誠氏

 

(2011年12月6日現在、五十音順)

No. 社名 アプリ名
1 株式会社カプコン バイオハザードマーセナリーズVS. for GREE(仮称)
2 モンスターハンター Dynamic Hunting for GREE(仮称)
3 株式会社コーエーテクモゲームス 『真・三國無双』for GREE(仮称)
4 株式会社コナミデジタルエンタテインメント DanceDanceRevolution(仮)
5 株式会社スクウェア・エニックス エンペラーズサガ
6 ギャラクシーダンジョン(仮称)
7 株式会社セガ 龍が如く 絆(仮称)
8 株式会社タイトー Period Zero
9 Dead Connection(仮称)
10 株式会社バンダイナムコゲームス
※右記3タイトルの配信地域:日本
仮面ライダーウォーズ
11 スーパー戦隊ウォーズ
12 ウルトラマン大戦
各タイトルのイメージ画像、動画を見ましたがスマートフォンタイトルなのでハイクオリティのゲームが期待できます。(といってもカードコレクションタイプのゲームもまだまだ多いみたいですが)さらにカプコンの「バイオハザード」「モンスターハンター」、コーエーテクも「真・三國無双」、コナミ「DanceDanceRevolution」といった有名タイトルの配信は楽しみです。

 

※カードコレクションタイプのゲーム解説は先日まとめているのでそちらをご参考に。
GREE、mobage、mixiソーシャルゲーム最新トレンド(2012年12月)

 

明日12/7はグリーの創業8年目とのことですがGREEの世界展開については今後も目が離せません

COMMENT

AUTHOR PROFILE

  • 著者:岡村健右(おかむらけんすけ)

ソーシャルメディアコンサルタント

グループウェア「LotusNotes」のシステムエンジニア(データベース開発/システム運用)を経て、米国製CRM/CMSパッケージの国内販売立ち上げ事業にてマーケティング、セールスエンジニアを経験後、ループス・コミュニケーションズにて社内SNS、コミュニティ立ち上げ事業の営業、コンサルティングに従事。

専門分野は社内ソーシャルネットワーク(社内SNS)、ゲーミフィケーション。

著書「ゲームの力が会社を変える -ゲーミフィケーションを仕事に活かす-(日本実業出版社)」

共著「ソーシャルメディアダイナミクス(毎日コミュニケーションズ)」「ゲーム産業白書Decade(メディアクリエイト)」

  • twitter
  • facebook
記事の一覧を見る

ARCHIVES