Facebook埋め込み投稿機能が何に使えるのか考えてみた

岡村健右(おかむらけんすけ) | 2013/08/23

Facebook埋め込み投稿機能が何に使えるのか考えてみた

Looops岡村(健)です。 昨日、一般公開されたFacebook埋め込み投稿機能の紹介記事を色々と読んでいたのですが何に使えるのかなあと考えてみました。

 

Facebook、「埋め込み投稿」機能を一般公開(ITmedia)

 

要件

・Facebookページ「ループス・コミュニケーションズ / Looops」の投稿を使用。

・コーポレートサイトに投稿を埋め込む。

 

Facebookページ「ループス・コミュニケーションズ / Looops」の目的は「会社の雰囲気、社員を知ってもらうこと」「関係のある方々とつながること」なので投稿も、会社や社員の紹介がメインとなっています。

 

コーポレートサイトのどこに埋め込むのがいいかなあと考えた結果、既存のコンテンツ(会社概要、サービス紹介)には使えなさそうなんで、新しくアルバムというコンテンツを作成し、そこに投稿を埋め込むことでコーポレートサイトでも会社の雰囲気、社員を知ってもらうことができるかなと。

 

ということでこんなページになりました。

 

ループス・コミュニケーションズ企業ホームページ アルバム

 

Facebookページでは会社の雰囲気や社員紹介を行っているページが多いと思いますので、

 

・会社案内(グループ会社紹介、部門紹介)

・社員紹介

・採用ページ

 

などの企業のホームページに埋め込むことで会社の雰囲気を感じてもらえるようになるのではないでしょうか。今までは単にFacebookページを立ち上げて投稿というケースも多かったかもしれませんが、企業のホームページにもFacebookで活動している内容を告知することでさらなる活用の幅が広がるかもしれません。

 

【おまけ】それ以外に埋め込むと良さそうなところ

・ニュースリリースページを全部埋め込みにしてしまう

・公式アカウント一覧のページでアカウントの紹介に使う(Like boxよりも雰囲気が伝わる)

・社内報に埋め込む(外向けの投稿を中向けにも利用)

 


 

Facebook、企業ホームページ、ブログを組み合わせた新しいメディア活用方法についてはループスにお気軽にご相談ください。

 

COMMENT

AUTHOR PROFILE

  • 著者:岡村健右(おかむらけんすけ)

ソーシャルメディアコンサルタント

グループウェア「LotusNotes」のシステムエンジニア(データベース開発/システム運用)を経て、米国製CRM/CMSパッケージの国内販売立ち上げ事業にてマーケティング、セールスエンジニアを経験後、ループス・コミュニケーションズにて社内SNS、コミュニティ立ち上げ事業の営業、コンサルティングに従事。

専門分野は社内ソーシャルネットワーク(社内SNS)、ゲーミフィケーション。

著書「ゲームの力が会社を変える -ゲーミフィケーションを仕事に活かす-(日本実業出版社)」

共著「ソーシャルメディアダイナミクス(毎日コミュニケーションズ)」「ゲーム産業白書Decade(メディアクリエイト)」

  • twitter
  • facebook
記事の一覧を見る

ARCHIVES