mixi, Twitter, Facebook 2011年3月最新ニールセン調査 〜 震災の影響でソーシャルメディア利用者が急増。Facebookは760万人超え

斉藤徹 | 2011/04/18

mixi, Twitter, Facebook 2011年3月最新ニールセン調査 〜 震災の影響でソーシャルメディア利用者が急増。Facebookは760万人超え

4月18日に更新された2011年3月度の最新ニールセン調査によると、震災の影響で、ソーシャルメディアの活用が劇的に増加したことがわかった。

データ元は、ネットレイティングス社提供によるインターネット利用動向調査「Neilsen/NetRatings NetView」サービス。対象は「一般家庭および職場のPCユーザー」としている。

Fig1

利用者数でいくと、mixiは1321万人(前月比124%)、Twitterは1757万人(同137%)、Facebookは766万人(前月比127%)と、いずれも大幅に利用者数が急増した。また、注目のFacebookは3ヶ月連続の大幅増加となり、PC訪問者ベースではmixiの6割弱に達したことになる。ただしペーシビューや利用時間で、mixiが他を圧倒している点は、これまでと変わっていない。

Twitter訪問者数には専用クライアント(TweetDeck, Hootsuite等)のアクセスは含まれていないため、実際のユーザー数はもう少し多い。参考まで、Twitter社の9月4日ブログによると、Twitter.comユーザーは全Twitterユーザーの約78%とのこと。この数値を単純に適用すると、3月度のTwitterユーザーは約2,252万人、対PCネット人口に対するリーチ率で36.4%と、日本におけるインターネットサービスの壁である2,000万人を突破したことになる。

ただし、このデータはあくまでPCを前提とした訪問者数であり、携帯利用者を含まないこと、非会員を含んでいることに注意いただきたい。

Fig10_2

mixiの決算発表およびSocialBakers最新データを引用し、各社の ①訪問者数(PCのみ。非会員を含む)、②アクティブ会員数(月1回以上訪問する会員数)、③登録会員数を比較すると、次表のようになる。

Fig11

続いて、三社のPCベースの利用者数推移を見てみよう。

Fig3

大震災の影響で、特に首都圏において、ソーシャルメディアが電話にかわるコミュニケーション・インフラとして活用されたこと、また災害時における強さが再認識されたことで、これら三サービスとも大きく利用者数を増やしたことにつなかったと推測されよう。参考まで、週間単位の利用者数推移は以下のとおり。3月11日以降の一週間、Twitterを中心に利用者が急増している様子が見て取れる。

Figw_2

Twitter、mixiは、2月に減少に転じていたが、ここに来て一気にユーザー数を増加ざる結果となった。また、Facebookが、映画「ソーシャル・ネットワーク」と、それに付帯したマスメディア報道、書籍ラッシュ効果によって、毎月150万人ペースで訪問者数を伸ばしているのも注目される。

なお、Facebookは、自社統計データ(月次アクティブ会員数やユーザー属性などのリアルタイムに近いデータ)を常に公開している。それに基づくsocialbakers.comの最新チャートも参考まで掲載しておこう。こちらによると最新のFacebookアクティブ会員数は315万人となっている。ニールセンデータが会員以外の閲覧者を含んでいるのに対して、このFacebook自社データはアクティブ会員のみに限定している点に注意したい。

Fig9

具体的な内容はこちらのブログ記事に記載してあるが、すでにローカルSNSを逆転済みないし年内にも逆転しそうな国が多く、制限中の中国を除き、現時点で逆転の見通しが立っていない国は、日本、ブラジル、ロシアの3ヶ国にまで減っている。

さて、ニールセン調査に戻り、三社の最新利用時間推移、ページビュー推移を見てみよう。

Fig4

Fig5

利用時間、ベージビューいずれも、依然としてmixiが他を圧倒している様子が見て取れる。

ここで、平均滞在時間で比較してみよう。次の表は、今回の2011年2月国内調査結果と、2010年3月ニールセン調査結果(10ヶ国平均)を比較すると次のようになる。

Fig7

この表を見ると、日本のTwitterユーザーの月間平均利用時間は23分と、10ヶ国平均より大幅に少ないことがわかる。またFacebookにいたっては37分と、いまだに10ヶ国平均の10%程度の利用時間にとどまっており、活性化に課題があることがわかる。

最後に、これら3サービスの利用者の重なりのデータをチェックしてみよう。

Fig8

この表は、例えばmixiユーザーの59.8%はTwitterを、27.9%はFacebookを利用しているということを表している。

なお、この三社サービスの利用者合計は延べで38,442(千人)だが、重なりを考慮した「重複しない利用者数」は24,617(千人)となり、対前月比122%と一気に増加。国内PCネットユーザーに対するリーチ率では39.8%と、ほぼ4割にまで達した。ソーシャルネットワーク利用者の比率は世界各国と比較して大幅に遅れていた。週間データの推移を見る限り、この状況が続くとは考えにくいが、これを機に、国内ソーシャルメディア普及にはずみがつくか、今後の推移を注目したい。

■ インターネット利用動向調査「Nielsen/NetRatings NetView」に関して
インターネット利用動向調査「Nielsen/NetRatings NetView」は、日本のウェブサイトの利用状況を毎週、毎月ウェブサイトごとにユニーク・オーディエンス(当該期間に1回以上、ウェブサイトを訪問/視聴したとされる、同一人物の重複を除いた推計利用個人数)などのデータとして契約顧客向けにネットレイティングス株式会社がレポートを提供しているものです。 詳細はこちらまで。

 


※本記事で使用しているニールセン株式会社提供データについては転載禁止となっております。

 データのご用命に関してはニールセン株式会社の下記お問合せ先にご連絡お願い致します。

<お問合せ先>
サービス内容、 資料請求等 に関するお問合せ
ニールセン株式会社 セールス&アナリティクス宛
TEL:03-4363-4201(セールス&アナリティクス直通)
E-Mail:jpw_ClientServices@nielsen.com

 

COMMENT

AUTHOR PROFILE

  • 著者:斉藤徹

株式会社ループス・コミュニケーションズ代表取締役。

 

1985年、慶應義塾大学理工学部を卒業し、日本IBM株式会社入社。1991年2月、株式会社フレックスファームを創業。2005年7月、株式会社ループス・コミュニケーションズを創業し、ソーシャルメディアのビジネス活用に関するコンサルティング事業を幅広く展開。20年を超える起業家としての経験とビジネスに関する知見に基づき、ソーシャルシフトの提唱者として「透明な時代におけるビジネス改革」を企業に提言している。著書に『再起動 リブート』(ダイヤモンド社)『BEソーシャル 社員と顧客に愛される5つのシフト』『ソーシャルシフト これからの企業にとって一番大切なこと』(日本経済新聞出版社)、『新ソーシャルメディア完全読本』(アスキー新書)、『ソーシャルシフト 新しい顧客戦略の教科書』(共著、KADOKAWA)など多数。

 

2016年4月から学習院大学経済学部経営学科の特別客員教授に就任。「起業論」「企業経営とトップマネジメント」「企業経営とソーシャルキャピタル」「インキュベーション塾」の講義を担当する。

  • twitter
  • facebook
記事の一覧を見る

ARCHIVES