ツイッター創業者のビズ・ストーン、モバイルQ&Aプラットフォーム「Jelly」を立ち上げ

斉藤徹 | 2014/01/08

ツイッター創業者のビズ・ストーン、モバイルQ&Aプラットフォーム「Jelly」を立ち上げ

Twitterの共同創業者であるビズ・ストーン氏が、新たなスタートアップ「Jelly」を起ち上げ、それをウェブメディアが一斉に報じている。

 

Twitter cofounder Biz Stone launches Jelly, a visual Q&A platform (First Company)

Biz Stone launches Jelly, a service for crowdsourcing answers from your social networks (TNW)
Jelly, Biz Stone’s New Q&A Platform, Uses Images To Find Answers (Tech Crunch) 
Biz Stone’s Jelly has launched – and it’s no Twitter (Venture Beat)

 

彼らのオフィシャルサイト (jelly.co) にある ブログ によると、新しく本日ローンチしたサービスは「Jelly」というQ&Aプラットフォーム・アプリで、iPhoneAndroid ともにすでにダウンロード可能となっている。コンセプトはQuoraやChaChaにも近いが、(1)モバイルに特化したシンプルさ (2)画像利用を前提としたQ&A (3)既存ソーシャルネットワークとの連携 の3点が特徴となるだろう。彼らのムービーがわかりやすくそれを伝えている。

 

 

Jellyの持つ特徴は、Q&Aプラットフォームに限らず、さまざまな分野で応用可能な、SoLoMo (Social – Local – Mobile) 時代におけるアプリ設計の原則とも言えるだろう。

 

1. モバイルに特化したシンプルさ

メインのインターネット端末は「複雑なことのできるPC」から「身近でシンプルなモバイル」にシフトしている。この傾向は若年層ユーザー、新興国ユーザーになるほど強い。そのため、PC利用を前提とした多機能な設計思想は、モバイル利用を前提とするアプリにおいてマイナスとなってきた。ネット端末のパラダイムシフトが起きている今、既存資産を持たない新規参入者の方が優位な点が多い。Twitter創業者のBiz Stone氏はもとよりその志向が強く、彼らはシンプルな設計思想を武器にしてシェア獲得を目指すだろう。

 

2. イメージを核としたコミュニケーション

常に写真撮影できるモバイル端末を前提とした、写真を核としたコミュニケーション設計も強みになるだろう。写真の持つ情報量はテキストをはるかに凌駕するため、いままでのQ&Aコミュニティとは異なるシーンで利用されるケースが増えるだろう。また写真には言葉の壁を超える強みもあり、グローバル展開にもプラスになる。現時点では実装されていないが、この分野のキーテクノロジーは画像認識・画像検索エンジンになる可能性が高い。1月6日にPinterestがVisualGraphを買収したのもその流れの上にあるものだ。Jellyにおいてもその点は視野にいれているはずだ。

 

3. 弱い絆から得られる暗黙知

Jellyで前提としているのは、ソーシャルネットワークでつながる弱い絆のネットワークだ。強い絆で結ばれた身近な人々は価値観や社会的地位において類似性が近い。そのため、新しく多様な情報を入手するには弱い絆で結ばれたネットワークが有効と考えられている。弱い絆から得られる暗黙知をいかにシンプルに引き出せるかが、このアプリの目指すところと言えるだろう。多様化するソーシャルネットワークと連携する設計も、このアプリの特徴のひとつだ。 

 

グーグル時代のインターネットでは「PC」をベースに「テキスト」を入力し「データベース(検索エンジン)」から「情報」を入手していた。人々が常につながっている時代において、Jellyが目指しているものは「モバイル」をベースに「イメージ」を入力し「クラウド(弱い絆でつながる人々)」から「知識」を入手することだ。

 

彼らのサイトに書かれた「情報は知識ではない。知識とは唯一経験から得られるものである (Information is not knowledge. The only source of knowledge is experience)」というアインシュタインの名言が、Jellyの目指す先を暗示している。

 

なお、Jelly社の社員は現在8名 (社員一覧) で、Aラウンド (スタートアップ時点の投資) に参加したVCはTNWによると以下の通り。調達金額などは明らかにされていない。(TNW記事より)
Spark Capital, SV Angel, musician and activist Bono, former US Vice President Al Gore, and Stone’s other Twitter co-founders Evan Williams and Jack Dorsey. 

 

Twitter共同創業者である3人(Jack Dorsey, Evan Williams, Biz Stone)はすべてTwitter社を退社し、新たなスタートアップ (モバイル決済サービスSquare, プログパブリッシングプラットフォームMedium、QAプラットフォームJelly) を起ち上げており、ジャック・ドーシーの起ち上げたSquareはすでに時価総額3000億円超と評価されている。三人は相互出資しあうなど強い横のつながりを持っており、Twitter上場を経て、彼らがシリコンバレーにおける台風の目となる可能性は高そうだ。

 

 

COMMENT

10 件のフィードバック

  1. kaoritena より:

    nanapiアンサーとかLINE Qみたいなのかな?/ツイッター創業者のビズ・ストーン、モバイルQ&Aプラットフォーム「Jelly」を立ち上げ [in the looop]

  2. marqs より:

    クラゲ

  3. NANA_NO1 より:

    ツイッター創業者のビズ・ストーン、モバイルQ&Aプラットフォーム「Jelly」を立ち上げ [in the looop] #inthelooop @LooopsComさんから

  4. barlog より:

    Google Imageの画像が使えるのはユニーク。回答もガンガン入ってきますね。

  5. mpresso より:

    ビズ・ストーンが立ちあげたQ&Aプラットフォーム

  6. sasamaru55 より:

    シンプル、イメージ、弱い絆。今どきのQ&Aサービス。Google時代から繋がりの時代への変化の部分が参考に。スマホファーストが叫ばれる中、今後どんなサービスが出てくるか楽しみ。

  7. yamadar より:

    紹介動画が結構良い。

  8. hirofumi21 より:

    "情報は知識ではない。知識とは唯一経験から得られるものである ” このサービスは期待したい。:ツイッター創業者のビズ・ストーン、モバイルQ&Aプラットフォーム「Jelly」を立ち上げ

  9. sp_ice より:

    “「複雑なことのできるPC」から「身近でシンプルなモバイル」”へ

  10. birdtomita より:

    ニュースに続いてこんどはQAがモバイル特化で復活の兆し。

AUTHOR PROFILE

  • 著者:斉藤徹

株式会社ループス・コミュニケーションズ代表取締役。

 

1985年、慶應義塾大学理工学部を卒業し、日本IBM株式会社入社。1991年2月、株式会社フレックスファームを創業。2005年7月、株式会社ループス・コミュニケーションズを創業し、ソーシャルメディアのビジネス活用に関するコンサルティング事業を幅広く展開。20年を超える起業家としての経験とビジネスに関する知見に基づき、ソーシャルシフトの提唱者として「透明な時代におけるビジネス改革」を企業に提言している。著書に『再起動 リブート』(ダイヤモンド社)『BEソーシャル 社員と顧客に愛される5つのシフト』『ソーシャルシフト これからの企業にとって一番大切なこと』(日本経済新聞出版社)、『新ソーシャルメディア完全読本』(アスキー新書)、『ソーシャルシフト 新しい顧客戦略の教科書』(共著、KADOKAWA)など多数。

 

2016年4月から学習院大学経済学部経営学科の特別客員教授に就任。「起業論」「企業経営とトップマネジメント」「企業経営とソーシャルキャピタル」「インキュベーション塾」の講義を担当する。

  • twitter
  • facebook
記事の一覧を見る

ARCHIVES