2014年12月 アプリ集計速報 〜 主要アプリの所持率、利用率、MAU率、DAU率

斉藤徹 | 2015/01/20

2014年12月 アプリ集計速報 〜 主要アプリの所持率、利用率、MAU率、DAU率

 

2015年1月から、株式会社ビデオリサーチインタラクティブ社のご協力により、スマートフォンにおける「アプリ集計速報」を定期的にレポートすることになりました。久々のブログ復活ですが、これからは毎週、さまざまな角度からアプリの利用状況をご紹介していく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。
  

なお、本調査は、2014年12月時点でAndroidアプリ(電池節約アプリ)をインストールしている約5万人を対象に、Androidアプリの接触状況データを集計したものです。iOSは調査対象外となっている点に注意ください。今回は初記事のため、調査方法と用語解説を最初に紹介します。

 

 

アプリ集計速報 調査方法

 

■ データ提供元について

株式会社ビデオリサーチインタラクティブ「Cloudish for Android Apps」 

■ 調査の概要について

外部企業が作成したAndroidアプリ(電池節約アプリ「ぼく、スマホ」)をインストールしている約5万人を対象

■ 取得しているデータについて

当該アプリの データ利用に許諾いただいた利用者 におけるAndroidアプリ接触状況データ

・独自に発番したユーザーID、性別、年齢

・保有アプリ名、起動したアプリ名と日時、インストール/アンインストールしたアプリ名と日時

■ 性年代によるバイアス補正について

当該アプリの利用者の偏り(男女比が約1:3、若年層が多い)を補正するために、日本のAndroid利用者にあわせた割合でバイアス補正を実施

■ 個人情報保護について

当記事の元データは、ビデオリサーチインタラクティブ社とマイクロソフト社の提携サービス「Cloudish」から提供されたものであり、同サービスは総務省の個人情報保護ガイドラインに準拠して運用されている。

 

 

アプリ集計速報 用語解説  

 

調査結果に入る前に、この記事において統一して利用する用語について定義しておきたい。なお、用語ごとに紹介している数値は、2014年12月におけるLINEの推定値である。

 

■ アプリのアクセスに関するデータ

・ 所持率:  87.6% (インストールされてる人の割合)
・ 利用率:  83.4% (月に一度でも起動した人の割合。所持率 * MAU率)
・ MAU率:  95.3% (アプリ所持者のうち、月に一度以上起動した人の割合)
・ DAU率:  72.0% (アプリ所持者のうち、日に一度以上起動した人の割合)

・ 日起動回数: 17.7回 (1日にアプリを起動する回数の平均値)

 

■ アプリの「インストール/アンインストール」に関するデータ

・ 導入率: 2.03% (その月にアプリをインストールした人の割合)
・ 削除率: 0.60% (その月にアプリをアンインストールした人の割合)
・ 削除/導入比:  29.5% (削除率 / 導入率)
・ 導入数前月比: 100.2% (月インストール数の対前月比)

 

 

1. 定番アプリ・ランキング  (利用率 トップ20)

 

当記事では、毎月20日前後に、前月に収集されたアクセスデータをもとに、 3つのアプリ・ランキングをご紹介したい。まず最初のランキングは「定番アプリ・ランキング」である。

 

この記事において「定番アプリ」とは「利用率」すなわち「約5万人の標本データのうち、月に一度でも起動したことのある利用者の割合」が多いアプリを指している。 

 

 

 

 

これが、Andoirdアプリの中で、もっとも利用されていると推定されるアプリのランキングで、数値は2014年12月におけるアプリの利用率をあらわしている。さらに「定番アプリ」トップ20の詳細なデータを以下の表にまとめた。

 

  

定番アプリ・ランキング20

 

 

この表の数値は用語解説にあるものですが、LINEを例にとって、簡単に説明したい。

 

まず「所持率」があらわしているものは、約5万人のうち、アプリとして所有している人の割合だ。LINEの場合は、約87.6%の人が持っていると推測される。「利用率」は、約5万人のうち、アプリを一ヶ月に一度以上起動したことのある人の割合 を示している。LINEの場合、83.4%の人が毎月使っているということだ。

 

続いて「MAU率 (Monthly Active Users)」は、月末の時点でそのアプリを所持している人のうち、一ヶ月で一度以上起動したことのある人を割合 を示している。LINEの場合は、所持している人のうち、95.3%の人がその月に使ったということで、関係式でいうと「利用率 = 所持率 × MAU率」となる。利用率とMAU率は混同しやすいので注意したい。「DAU率 (Daily Active Users)」は、月末時点でそのアプリを所持している人のうち、一日一回以上起動している人の割合 を示している。LINEの場合は、72.0%の人が毎日利用していると推測される。

 

最後の「順位(前月比)」は、前月(2014年11月)と比較した、定番アプリ・ランキングにおける順位変動 を示したもので、上昇アプリを緑、下降アプリを赤とし、右側の数字が変動順位をあらわしたものだ。

 

なお、Andoidアプリのみを対象としているので、Googleや携帯キャリア、携帯メーカーのアプリなど、スマートフォンに標準搭載されるアプリの所持率は非常に高くなっている点に注意したい。

  

 

2. 成長アプリ・ランキング  (月間導入率 トップ20)

 

続いて成長アプリ・ランキング」を紹介したい。この記事において「成長アプリ」とは「月間導入」すなわち「約5万人の標本データのうち、その月にアプリをインストールした利用者の割合」が多いアプリを指している。 

 

 

 

 

このランキングは、メジャーなAndoirdアプリの中で、著しくインストール率が高い、つまり成長力が強いと推定されるアプリのランキングをあらわしている。さらに「成長アプリ」トップ20の詳細なデータを以下の表にまとめた。

 

   

成長アプリ・ランキング20

  

 

この「成長アプリ20」の中で「定番アプリ20」としてランクインしているのは、LINEディズニーツムツムTwitterLINE cameraYahoo! JAPANSimejiマクドナルド公式アプリの7本だ。中でも所持率が1%台の MusicHeart Q(無料で音楽聞き放題)、755(新世代トーク)、ブレイブフロンティア(RPGゲーム) がランクインしている点が注目される。ただし現在、MusicHeart Qは、Google Playにてアプリ非公開となっている。755は12月26日からAKB48を、ブレイブフロンティアは12月20日からアントニオ猪木を、それぞれフィーチャーしたCMが始まったことも影響しているだろう。以下のグラフは、両アプリの12月における日次の起動数だが、特に755は12月下旬から一気に起動数を伸ばしており、CM効果が非常に高かったことが推測できる。

 

 

 

 

3. 新興アプリ・ランキング  (導入数前月比)

 

最後に「新興アプリ・ランキング」を紹介したい。この記事において「新興アプリ」とは「導入数の前月比」すなわち「当月(2014年12月)にアプリをインストールした利用者数を、前月(2014年11月)のそれと比較した割合」が多いアプリを指している。 ただし、データの変動性や信頼性を考慮して「導入数で20件未満のアプリは対象外」としている。 

 

 

 

このランキングは、Andoirdアプリの中で、前月と比較して著しくインストール率が高いアプリのランキングであり、その多くは、これからメジャーを狙うルーキーアプリであることが多い。さらに「新興アプリ」トップ20の詳細なデータを以下の表にまとめた。

 

 

新興アプリ・ランキング20 

 

 

表内の数値項目としては、MAU数、DAU数のかわりに、導入数 (当月にアプリをインストールした利用者数) 削除数 (当月にアプリをアンインストールした利用者数) を組み入れている。

 

この「新興アプリ20」の中で「成長アプリ20」にもランクインしているのは、buzzHOME755ブレイブフロンティアの3本のみだ。注目の755を押さえてトップに輝いたのは、バンダイナムコゲームスとKLabが共同開発したテイルズ オブ アスタリアだった。このRPGゲームは、12月18日から、新章の配信を開始している。それに伴い、同タイトル初CMを開始した他、ゲーム内外においてプレゼントイベントを開催しており、その告知効果だと推測される。

  

 

おわりに

 

以上が、第一回目の「アプリ集計速報 〜 全カテゴリ編」でした。いかがでしたでしょうか?

これからは、カテゴリごとに「SNS&通信編」「メディア編」「ゲーム編」「ツールその他編」と分類し、各分野に深堀りした分析結果を順次お届けする予定です。また、今後は定点調査として、継続して記事化する予定です。本記事の内容が、皆様の業務の一助となれば幸いです。

 

ご参考までですが、MM総研より発表された「スマーフォン契約数」に関する調査結果によると、2014年9月時点のスマートフォン契約者数は6248万件と推定されております。当調査はあくまで「電源節約アプリを利用する約5万人のAndroidユーザー」を対象としたものですが、iPhone/Android双方に十分普及したアプリに対しては、MM総研の数値を参考値として、アバウトな普及状況を仮説するのも面白いかもしれません。

 

この記事に関して、皆様から「こんなアプリを、こんな視点から見たい」などのご意見があれば、いただければ幸いです。この調査記事、また深堀りした分析調査などに関するお問い合わせは、弊社 ループス・コミュニケーションズ までお問い合わせくださいませ。記事を執筆している斉藤徹、アプリ分析調査を担当する関根健介、営業責任者である高萩克也、いずれかからご連絡させていただきます。

  

なお、この記事の元データは、株式会社ビデオリサーチインタラクティブ社から提供いただいています。「Cloudish」へのご質問、ご興味をお持ちの方は、こちらの 問い合わせ・お申込みページ よりお問い合わせくださいませ。

 

最後に、当記事は、株式会社ループス・コミュニケーションズが、株式会社ビデオリサーチインタラクティブ社からの同意を得た上で、アプリ利用データを独自に分析し、記事化したものです。調査内容を開示・転載する際には、データ提供元にご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

———–

 

当記事の調査方法について、アプリ名とデータ許諾につき、追記させていただきました。(1/22 10:29)

 

 

 

 

COMMENT

28 件のフィードバック

  1. dubbed_pachi より:

    iOSは調査対象外でAndroidアプリの接触状況データ。 | 2014年12月 アプリ集計速報 〜 主要アプリの所持率、利用率、MAU率、DAU率 [in the looop] #inthelooop @LooopsComさんから

  2. lotus_rs より:

    LINE強すぎる

  3. tanayuki00 より:

    LINE強し。

  4. wasman3 より:

    なんだかんだで、LINEってすごい普及してるんだな〜。そりゃ、クリエイタースタンプに飛びつきますよね

  5. torazuka より:

    なんじゃこりゃ…電池節約関係ない。

  6. アプリの利用状況を集めてくれる「電池節約アプリ」ですか。個人情報保護とは一体…

  7. ytRino より:

    「電池節約アプリ」で集計とか臭さしか感じないんですが /性別や年齢まで分かる株式会社ビデオリサーチインタラクティブ「Cloudish for Android Apps」

  8. tukanana より:

    すでにひろみチュ案件となりロックオンされてる。さーてアプリはどれだ?

  9. smbd より:

    "2014年12月時点でAndroidアプリ(電池節約アプリ)をインストールしている約5万人を対象に、Androidアプリの接触状況データを集計したものです" うわー…

  10. kumoha683 より:

    完全にデータの取得方法アカンやつ

  11. technerd より:

    アプリインストール時にアプリに許可する権限聞いてくるじゃろ。あれをテキトーに「はいはい」言うてるとこういうデータを持って行かれるんだよ。タダって高いよね

  12. turu_crane より:

    >外部企業が作成したAndroidアプリ(電池節約アプリ)をインストールしている約5万人を対象

  13. ot2sy39 より:

    ビデオリサーチインタラクティブの「Cloudish for Android Apps」ねぇ。広告ライブラリか何かかな。取得時ヤバイ橋渡ってる予感がぷんぷんする。 / https://www.videoi.co.jp/service/cloudish/

  14. enkunkun より:

    うわあ

  15. teracy_junk より:

    『本調査は、2014年12月時点でAndroidアプリ(電池節約アプリ)をインストールしている約5万人を対象に、Androidアプリの接触状況データを集計したものです』ひろみちゅ事案かな

  16. side_tana より:

    "Androidアプリ(電池節約アプリ)をインストールしている約5万人を対象", "当該アプリのインストール者におけるAndroidアプリ接触状況データ"

  17. fukken より:

    なにそれこわい

  18. lefb766 より:

    怪しい。

  19. hundret より:

    …データ自体はありがたいんだが、限りなく黒い近い香り / 2014年12月 アプリ集計速報 〜 主要アプリの所持率、利用率、MAU率、DAU率 [in the looop] #inthelooop @LooopsComさんから

  20. yogasa より:

    スパイウェアだ

  21. umi1334 より:

    名前出せやバカ >外部企業が作成したAndroidアプリ(電池節約アプリ)

  22. airj12 より:

    何故この行為が受け入れられると思うのか… / LINEすげーなと思ったけど「怪しげな電源節約アプリをインストールしちゃってる人」との一致率が高いだけ

  23. iqm より:

    (電池節約アプリ「ぼく、スマホ」)とりあえず、Play上の説明にはデータ取得について一切書いてないね。起動時に出てくるのかもしれんけど、試す気にはなれないな

  24. sotokichi より:

    ユーザーを騙して調査すんなよ。ちゃんと本来の目的(調査のための個人情報取得)を明示してGoogle Playに掲載しろよ。

  25. summer4an より:

    意図せず収集されている人多数とみた…

  26. miyasakura より:

    叩いてる人いるけどこのくらいの情報を個人情報と思ってて生きづらくないのかな。信頼してるところのアプリでも広告SDK入れてたら何されてるかわからんし自分はもう諦めてます

AUTHOR PROFILE

  • 著者:斉藤徹

株式会社ループス・コミュニケーションズ代表取締役。

 

1985年、慶應義塾大学理工学部を卒業し、日本IBM株式会社入社。1991年2月、株式会社フレックスファームを創業。2005年7月、株式会社ループス・コミュニケーションズを創業し、ソーシャルメディアのビジネス活用に関するコンサルティング事業を幅広く展開。20年を超える起業家としての経験とビジネスに関する知見に基づき、ソーシャルシフトの提唱者として「透明な時代におけるビジネス改革」を企業に提言している。著書に『再起動 リブート』(ダイヤモンド社)『BEソーシャル 社員と顧客に愛される5つのシフト』『ソーシャルシフト これからの企業にとって一番大切なこと』(日本経済新聞出版社)、『新ソーシャルメディア完全読本』(アスキー新書)、『ソーシャルシフト 新しい顧客戦略の教科書』(共著、KADOKAWA)など多数。

 

2016年4月から学習院大学経済学部経営学科の特別客員教授に就任。「起業論」「企業経営とトップマネジメント」「企業経営とソーシャルキャピタル」「インキュベーション塾」の講義を担当する。

  • twitter
  • facebook
記事の一覧を見る

ARCHIVES