<<
>>

Blog

mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減

  •  follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
→ 当記事に関連して、ニールセン・ネットレイティングより最新レポートが発表されましたので、その内容に従い加筆修正を加えました。下記が最新記事となります。
【2011年11月28日更新版】mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査 
 
11月18日に、2011年10月度のニールセン・インターネット視聴率が発表された。なお、今月からはLinkedinも比較対象に追加している。10月は、ニールセンによるmixiサイトの集計方法が変更された(詳しくは後述)ために推定利用者数が前月の1472万人から837万人と大きく減少、TwitterとFacebookはほぼ横ばいとなった。Google+は早くも減少に転じ、利用者数を伸ばすことができなかった。Linkedinは10月20日に日本語サイトを公開して訪問者は増加したが、22万人に留まった。データ元は、ネットレイティングス社提供によるインターネット利用動向調査「Neilsen/NetRatings NetView」サービス。対象は「一般家庭および職場のPCユーザー」としている。
 

 

利用者数でいくと、mixiが前月比57%となる838万人と大きく減少したことがもっとも大きな変化となる。これはmixiの利用者数の集計方法が変更されたことによるもので、ニールセン調査を取り扱うネットレイティングス社は次のようにコメントしている。

 

2011年10月データよりmixi(ペアレント、ブランド、チャネル、ドメイン等)に含まれていた集計対象外URLを集計対象外処理いたしました。集計対象外処理とは、視聴率の集計に算入すべきでないURLを排除することであり、今回はインターネットユーザーがmixi以外の外部サイトでmixiの「イイネ!」ボタンを押した際にリクエストされるmixiドメインのURLを集計対象外にしました。これは、外部サイトでmixiの「イイネ!」ボタンを押しただけで、実際にmixiサイトを視聴しなかったからです。なお、Facebook他の外部「いいね!」ボタンに関しても同様の調査を致しましたが、弊社の視聴率にはこれらのボタンを押した際にリクエストされるURLは集計に含まれておりません。 (ネットレイティングス株式会社 広報より)

つまり、今までmixiの推定利用者数には外部サイトから「イイネ!」ボタンを押した利用者も含まれていたとのこと、今月それらを除外したことで集計値が大幅ダウンとなった。TwitterとFacebookはほぼ横ばいとなったが、mixiが減少したことにより、両者がmixiを一気に逆転する形となった。あくまでPCベースの集計値であり、携帯からのアクセスは含まれていないが、Facebookの利用者数はmixiをはじめて上回ることになる。

 

ただし、依然として平均利用時間はmixiが圧倒的に長い数値を示している点は注目したい。一方でGoogle+は、9月21日の一般公開の勢いを維持することはできず、2ヶ月目にして早くも減少に転じた。また、平均利用時間が極端に短いことから、登録後の利用がすすんでいない状況が見受けられる。Twitter訪問者数には専用クライアント(TweetDeck, Hootsuite等)のアクセスは含まれていないため、実際のユーザー数はもう少し多い。参考までに、Twitter社のブログによると、Twitter.comユーザーは全Twitterユーザーの約78%とのこと。この数値を単純に適用すると、10月度のTwitterユーザーは約1866万人、対PCネット人口に対するリーチ率で29.7%となる。ただし、このデータはあくまでPCを前提とした訪問者数(下図の①)であり、携帯利用者を含まないこと、非会員を含んでいることに注意いただきたい。

 

Fig10_2

 

mixiの決算発表およびSocialBakers最新データから各社の ①訪問者数(PCのみ。非会員を含む)、②アクティブ会員数(月1回以上訪問する会員数)、③登録会員数を比較すると次表のようになる。
 


 

参考まで、Netviewから毎週発表されている週次統計を時系列で表にまとめてみた。

 

 

 

これは週次のアクティブユーザー(週で1回以上アクセスしたユーザー)をあらわしている。Google+は10月以降ほぼ横ばいを続けており、40万人レベルに落ち着いている。Linkedinは10月20日に日本語サイトが公開されたが、15万人の訪問者にとどまった。11月以降の訪問者数の推移が注目される。

 

続いて、三社のPCベースの利用者数推移を見てみよう。

 

 

前述の通り、mixiは調査方法に変更があり、3位に後退した。「イイネ!ボタン」が導入されたのが昨年の12月であることから、12月以降、緩やかに上昇していたグラフは、実際は減少に転じていた可能性が考えられる。Google+は減少に転じた。Linkedinにも大きな伸びは見て取れない。

 

さて、四サービスの最新利用時間推移、ページビュー推移を見てみよう。

 

 

 

訪問者数では3位に後退したmixiだが、利用時間、ベージビューいずれも、他を圧倒する状況は変わらない。しかしながら、mixiが減少傾向にあるなか、Facebookは上昇を続けており、少しづつFacebookがmixiに迫る状況が見受けられる。この二つの指標では Google+ とLinkedinは比較できるレベルにない。

 

最後にこれら5サービスの利用者の重なりのデータをチェックしてみよう。

 

 

この表は、例えばmixiユーザーの51.3%はTwitterを、40.8%はFacebookを、4.9%はGoogle+を利用しているということを表している。新しく登場したLinkedinに関しては、そのうち多くがFacebookないしTwitterユーザーであることがわかった。

 

なお、Google+に関してはこちらの記事にて考察しているので、ご興味ある方はあわせて参照してほしい。
・ Google+、その国内アクセス状況、サービスの強み、今後の展開を予測する(2011/8)  

 

 

■ インターネット利用動向調査「Nielsen/NetRatings NetView」に関して
インターネット利用動向調査「Nielsen/NetRatings NetView」は、日本のウェブサイトの利用状況を毎週、毎月ウェブサイトごとにユニーク・オーディエンス(当該期間に1回以上、ウェブサイトを訪問/視聴したとされる、同一人物の重複を除いた推計利用個人数)などのデータとして契約顧客向けにネットレイティングス株式会社がレポートを提供しているものです。 詳細はこちらまで。

Fig1

 


※本記事で使用しているニールセン株式会社提供データについては転載禁止となっております。

 データのご用命に関してはニールセン株式会社の下記お問合せ先にご連絡お願い致します。

<お問合せ先>
サービス内容、 資料請求等 に関するお問合せ
ニールセン株式会社 セールス&アナリティクス宛
TEL:03-4363-4201(セールス&アナリティクス直通)
E-Mail:jpw_ClientServices@nielsen.com

 

  •  follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

88件のフィードバック

  1. mixiに関しては集計方法の変更が正しく、こちらの数字のほうが実情を反映していると思うけど、いかんせん、モバイルが入っていないから、まだまだ数はいると思われる。しかし、凋落はしているでしょう。

  2. 過去のデータも修正するのは難しいのだろうか?mixiイイネの水増しがいつ頃から起きているのか知りたい。

  3. 2011/10 ニールセン主要SNSデータ集計

  4. mixiの集計方法の変更が変わって大幅減という、正しいとは思うけど、ちょっと残念な結果に。TwitterとFacebookは堅調。

  5. mixiのイイネ!ボタンを押す人が, mixiにログインしていないとは考えずらいな. mixi見ないんだったら, イイネ!ボタンすら普通押さないんじゃないかと.

  6. mixiの外部サイトでいいねボタン押してるだけのユーザが40%もいたとは

  7. mixiってまだこんなにユーザー数居たんだ。ビックリ。CTOが居なくなってから破滅が始まってしまった。CTOは重要だな。

  8. PCのみだったりTwitterの専ブラが入ってなかったりと現状とかなりずれはあるだろうけど、こういうデータから傾向がわかるのは大事だね

  9. mixiに関しては集計方法の変更が正しく、こちらの数字のほうが実情を反映していると思うけど、いかんせん、モバイルが入っていないから、まだまだ数はいると思われる。しかし、凋落はしているでしょう。 / “mixi, Twitter,

  10. Read: mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 in the looop 斉藤徹 –

  11. In the Looopにリンクトイン追加!/mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減

  12. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 in the looop 斉藤徹

  13. せめてスマホでのアクセスも含めたデータって出せないのかなぁ。。。

  14. mixiの下落っぷりがすさまじい。【PICKUP】

  15. ニールセンの主要SNSのメディア接触2011年10月版 [SNS][google+][twitter][Linkedin][メディア接触][mixi][ニールセン][マーケティング][ソーシャルメディア][facebook][データ][資料][調査資料]

  16. mixi、やっぱTwitterより下だったか… FBより下というのはやや意外。一般層もmixi利用減ってるのかな?

  17. facebookの伸びが激しすぎる。

  18. mixiのイイネがそんなに押されてることに驚き。

  19. mixiの利用時間はすごいな。使用者は減っているとは言っても平均利用時間が3時間というのは段違いだ。

  20. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 in the looop 斉藤徹

  21. √82, 集計の仕方を変えたなら、本来同じひとつのグラフに並べてはダメだろ。

  22. 恐らくずいぶん前からmixiはTwitter, Facebookに追い抜かれていたことがわかったということらしい。。

  23. やっぱりmixiはオワコンだなー

  24. 「mixiは減少傾向にあるなか、facebookは上昇を続けており…」

  25. このグラフ前から疑問なんだけどmixiの滞在時間が長いのはなんで? ゲームアプリ?

  26. イイねボタンを押してログインしない人が600万人もいたらしいww本当かなw

  27. mixiが沈む。

  28. 「つまり、今までmixiの推定利用者数には外部サイトから「イイネ!」ボタンを押した利用者も含まれていたとのこと、今月それらを除外したことで集計値が大幅ダウンとなった。」このグラフは……。

  29. 集計方法の変更で、データの連続性が喪失。≫ mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減

  30. mobileも含めた統計がみたい。てか、スマホはmobileとしてのカウントやんな?

  31. この業界の栄枯盛衰は早いなぁ。しかし、mixi…. 感覚値としては、合ってる。

  32. 『今回はmixiの「イイネ!」ボタンを押した際にリクエストされるmixiドメインのURLを集計対象外にしました。これは、外部サイトでmixiの「イイネ!」ボタンを押しただけで、実際にmixiサイトを視聴しなかったからです。』

  33. 来月のMixiが上がるのか下がるのかで動向が気になる。これまでの上げはイイネ!の分だったかもしれず…。

  34. ユーザが疲れ始めた感じやね。SNSの第2ステージか。やっぱり匿名でも価値ある情報が集まっているところは残ると思うなぁ。

  35. とあるクラスタの女性連中は、誰一人としてPCでmixiにログインしてないんだが。

  36. PCでソーシャルネットワーク使うような古い人はTwitter/Facebookへ移行中、か

  37. 1800万人ちょっと上(リーチ率30%)に壁があって、そこまで到達した後には何があるんだろうね。

  38. "外部サイトでmixiの「イイネ!」ボタンを押した際にリクエストされるmixiドメインのURLを集計対象外にしました。これは、外部サイトでmixiの「イイネ!」ボタンを押しただけで、実際にmixiサイトを視聴しなかったから"

  39. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減

  40. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 i…

  41. 特にmixiの場合PCだけだと分からないところが多い気がする。

  42. 終わってる…

  43. 栄枯盛衰

  44. ミクシでwwww1www8ww0www分wwwww

  45. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減

  46. "あくまでPCベースの集計値であり、携帯からのアクセスは含まれていない"うーん、mixiは半数以上がモバイルだったように記憶しているが

  47. facebookが伸びてる mixiは衰退傾向

  48. mixi残念だなぁ( ´Д`)y━・~~

  49. 数字見なくてもなんとなく気づいてた

  50. 主要SNSの利用動向調査。確か他の調査でも同じ結果が出てたけど、月次も週次でもgoogle+が苦戦中。

  51. PC利用者見てもなぁ。

  52. google+は会員数伸びず。Mixiは相変わらず利用時間が圧倒的に長い。

  53. mixiは凋落したのではなく集計方法の変更。こういう場合、過去のデータがあるのなら過去のデータも集計してくれない限り意味が無い/Googleは長期的とは言ってるけどいい加減APIぐらい公開したらどうか

  54. Google+は初期の実名じゃないユーザーの大量垢バンで評判を落としてしまったのが痛いね。

  55. PCのみのネット視聴率「10月は、ニールセンによるmixiサイトの集計方法が変更された(詳しくは後述)ために推定利用者数が前月の1472万人から837万人と大きく減少」でTwitterが1455万人、Facebookが1132万人、Google+が162万人か。

  56. 「一方でGoogle+は、9月21日の一般公開の勢いを維持することはできず、2ヶ月目にして早くも減少に転じた。また、平均利用時間が極端に短いことから、登録後の利用がすすんでいない状況が見受けられる」どき

  57. Mixiは利用者数が減少したけど平均利用時間は1位なのかあ。

  58. mixiの減少分には修正補助線引いておいたほうがいいんでは

  59. mixiのPVは確かに調査方法によって異なるんだろうけど、減少傾向にあるのは間違いない、多分。ただ、滞在時間にこれほど差があるとは…知らなかった。当たり前と言えば当たり前だが。

  60. いつものやつ。集計方法を変えたのでmixiが下がったのは致し方ないが、これが現実のポジションなんだろうな

  61. mixiとかほとんど触ってないな。 日記、コミュ参加ありきの能動的スタイルに疲れた

  62. ソーシャルメディア対策の考え方が少しだけですが変わりますね。

  63. 最近、毎日使っているFacebookもアカウント取って2年くらい放置していたので、Google+もしばらく寝かしておいて、まわりが使い始めるとおもしろくなるのかな? mixiはほとんど使わなくなったので、よくわからん。

  64. >あくまでPCベースの集計値であり、携帯からのアクセスは含まれていないが、Facebookの利用者数はmixiをはじめて上回ることになる。

  65. データって定点観測すると面白い。fb&Twitterに勢い。

  66. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減

  67. "今までmixiの推定利用者数には外部サイトから「イイネ!」ボタンを押した利用者も含まれていた" 出来る限り遡ってデータを修正して欲しいよね

  68. LinkedInとGoogle+は参加するだけで満足してしまった。フェイスブックはしくみを覚えようという気力がわかない。日記を書くならmixiが慣れてていいけど、リアルタイム足跡機能がなくなって物足りない。

  69. 集計方法を変更したんだったら過去と比較する意味がないのに、なんだこの記事/このグラフとか「大幅減」の表現とか書き手の強烈な悪意を感じる

  70. 飽きた[twitter]ちょい飽きた[facebook]久々にやったら、よく分からない[Google+]やってない[Linkedin]知らない。それぞれ良さ使い方色々よね。あれもこれもやれないし。今更だけとど私ははてブが好き、って他種か?

  71. 集計方法変えたらmixiの「推定」利用者数が減った話

  72. ソーシャルメディアも踊り場状態に来た感あるね。

  73. 炎上してるらしいのでブクマしておく。

  74. キャッチアップ出遅れてます/mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 http://t.co/jWfz6m2k via @LooopsCom

  75. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 in the looop 斉藤徹 (74 users) http://t.co/K2wW2x0J

  76. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 in the looop 斉藤徹 http://t.co/19gR4LeM

  77. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減
    http://t.co/Vr74tPvx
    少し前の記事ですが、コメント欄が興味深い。

  78. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 http://t.co/4AjzU2OT via @LooopsCom

  79. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 http://t.co/4zXopbrL @LooopsComさんから

  80. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 http://t.co/4zXopbrL @LooopsComさんから

  81. Google+伸びないね。平均利用時間の差が凄い。 http://t.co/f1dV5qPy

  82. mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2011年10月最新ニールセン調査。mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減 in the looop 斉藤徹 http://t.co/Ild1q3o1 mixiンゴwwwwwww

  83. 実際2006年から5年後の2011年に明白に数字に現れている。「mixiの集計方法に変更があり、推定利用者数が大幅減」http://t.co/IqKBflUT 「mixiのユーザー数と「アクティブ」ユーザー数推移をグラフ化してみる」http://t.co/g0VLggS0

ブログ更新のお知らせがメールで届きます。無料。

 

※必ず確認メールから本登録をしてください。



この記事の著者

この著者の記事一覧を見る


著者: 斉藤 徹

株式会社ループス・コミュニケーションズ代表。

 1985年4月慶應義塾大学理工学部卒業後、日本IBM株式会社入社。1991年2月株式会社フレックスファームを創業、2004年4月全株式を売却。2005年7月株式会社ループス・コミュニケーションズを創業。

 現在、ループスはソーシャルメディアのビジネス活用に関するコンサルティング事業を幅広く展開している。新著「BEソーシャル!」をはじめ「ソーシャルシフト」「新ソーシャルメディア完全読本」「ソーシャルメディア・ダイナミクス」「Twitterマーケティング」「Webコミュニティで一番大切なこと」「SNSビジネスガイド」など著書多数。講演も年間100回ほどこなしている。

 

講演実績 (掲載許諾をいただいた講演のみ、株式会社は省略、五十音順、2013年12月31日更新) は以下の通り。

 ・役員社員向け講演事例 (五十音順)

アント・キャピタル・パートナーズ様、NHKエンタープライズ様、NTTアド様、関西電力様、カスミ様、KDDI様、コナミデジタルエンタテインメント様、静岡朝日テレビ様、静鉄ストア様、資生堂様、スポーツオアシス様、大広様、ディーツーコミュニケーションズ様、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム様、デルフィス様、電通様、電通テック様、トッパン・フォームズ様、日清食品様、日本オラクル様、日本ユニシス様、博報堂様、博報堂DYメディアパートナーズ様、パナソニック様、BSフジ様、ビルコム様、フレッシュ・デルモンテ・ジャパン様、三菱UFJニコス様他

 ・クライアント向け講演事例 (五十音順)

IMJ様、IFIビジネススクール様、朝日インタラクティブ様、アスキー総研様、ITマネジメントサポート協同組合様、EO-Osaka様、ADTECH東京様、アライドアーキテクツ様、茨城県経営者協会様、ココロザシ大学様、インフォバーン様、Web2.0様、ACフォーラム様、NTT様、OAG税理士法人様、大阪アドバタイジング協会様、大塚商会様、オプト様、カレン様、川崎商工会議所様、企業研究会様、グローバルコモンズ様、神戸ITフェスティバル様、神戸商工会議所様、コミュニティデザイン様、佐賀県高度情報化推進協議会様、佐賀商工会議所様、CIOマガジン様、ジークラウド様、GPオンライン様、JPモルガン証券様、消費者関連専門家会議様、翔泳社様、情報通信総合研究所様、新聞案内広告協会様、セールスフォース・ドットコム様、ソフトバンク様、ソリューション研究会様、大日本印刷様、タスク様、調布青年会議所様、ツイートアカデミー様、ティップネス様、デジタルハリウッド大学様、TechWave様、デロイトトーマツ様、凸版印刷様、トッパン・フォームズ様、ドラッグストアMD研究会様、日冠連経営者協議会様、日経新聞社様、日経BP様、日本アドバタイザーズ協会様、日本ATM様、日本オラクル様、日本カードビジネス様、日本経営開発協会様、日本小売業協会様、日本システム開発様、日本商工会議所様、日本生産性本部様、日本製薬工業協会様、日本綜合経営協会様、日本チェーンストア協会様、日本電気様、日本マーケティング協会様、PR現代様、ビジネスバンク様、ビジネスブレイクスルー様、富士ゼロックス総合教育研究所様、コンサルティング様、保険サービスシステム様、毎日コミュニケーションズ様、マインドフリー様、丸の内ブランドフォーラム様、三菱UFJモルガン・スタンレー証券様、宮城大学様、メンバーズ様、LineUp様、楽天様、リックテレコム様、流通科学大学様他

この著者の記事一覧を見る

Recommend


Recent Article

Blogの記事一覧を見る

Mail Magazine

ブログ更新のお知らせがメールで届きます。無料。
 
※必ず確認メールから本登録をしてください。





Books

Book一覧を見る