企業経営とソーシャルキャピタルについてお話しします。

斉藤徹 | 2016/11/30

こんにちは。ループスのブログメディア “in the looop” のリニューアルを担当した若月くんに刺激され、近況の報告も兼ねて、ブログを書き始めてみようかなと思っている斉藤です。

 

今年4月から学習院大学の教壇にたちました。わからないことだらけのアカデミー界でしたが、学生たちの意見に耳を傾け、講義を改善してきました。ぬるい授業をすると5分で爆睡される過酷な環境の中で、ワークショップ、ビジネスゲーム、映画上映、白板ゆっくり書き、福引きでの席決め、ランダムアプリによる学生指名など、睡魔を追い払う多様なツールも編み出し、今では学生たちとの一体感を楽しめるようになりました。

 

僕の授業は週4回、専門講座は「企業経営とソーシャルキャピタル」「企業経営とトップマネジメント」「起業論」「インキュベーション塾」の4つです。熱い思いが伝わったのか、学生たちにはユニークで実践的だと好評のようです。でもそれを聞くと僕の中に「せっかく気合を入れてつくったコンテンツなんだから、ビジネスの人たちにも広く知ってもらいたい」という欲望が首をもたげてきました。

 

そこで今年の5月に身近な仲間に声をかけてはじまったのが「ソーシャルシフト・ラボ」です。そのチームが徐々にミッション、ビジョンを持つ組織に成長し、このたび、第一回目のオープンな活動をお披露目できることになりました。そのイベントは12月14日夜、大手町の3×3LAB futureにて。今日はそこでのストーリーの骨子をごく簡単に紹介させていただきます。

 

テーマは「ソーシャルキャピタル」です。
 
最近、ちらほら耳にされている方も多いかも知れません。例えばあなたが経営者だとしましょう。まずは優秀な人を雇いたいですよね。どんなスキル?どんな経験?そのような個人属性は「ヒューマンキャピタル」と呼ばれます。でもいくら優秀な人がそろっても、いがみあってバラバラだったら仕事にならないですよね。人間関係も「目に見えない資本」であるという考え方、それが「ソーシャルキャピタル」です。アカデミック界では注目度の高いキーワードのひとつです。

 
sc021

  
まずは、このわかったようでわからない言葉を、きちんと定義 ── といっても、その定義が多様なのですが、もっとも一般的なロバート・パットナムの定義 ── にそって学ぶところからはじめましょう。「信頼」「規範」「ネットワーク」という言葉をひもとき「ソーシャルキャピタル」の本質を理解してゆきます。

 

sc03

 

定義のあとは事例紹介。こちらも有名な「南北イタリア」、それに「シリコンパレーとルート128」の事例を紹介します。なぜか大きな経済格差が出てしまったこの2つの地域ですが、その原因は「ソーシャルキャピタル」にあったというお話です。

sc041

 
しかし、ソーシャルキャピタルは万能ではありません。「つながり」というと暖かく有益な響きになりますが、「しがらみ」と聞くとぐっと息苦しくなってきます。では、つながりとしがらみは何が違うのでしょう?人々の関係性にはどんなタイプがあるのでしょう?

 

sc05

いいものもあれば、悪いものもある。「ソーシャルキャピタル」には光と陰があるのです。では具体的に「つながり」にはどういうメリットがあり、「しがらみ」にはどういうデメリットがあるのでしょう?社内の人間関係が大切というのは誰しも知っている。でも、それがいつの間にか排他的になり、同調圧力を生んでいないか。「つながり」がどういうメカニズムで「しがらみ」に変わっていくのか。どうすればそれが防げるのか。人間関係を科学的に考えてみよう。そんなお話です。

sc06

さらに一歩すすめて、人間関係に関する最新の研究も紹介します。延べ数百万時間におよぶ社会実験のビッグデータから、人間の集団がもつ普遍的性質を解明した、MIT教授ペントランド氏による「ソーシャル物理学」です。

sc071 
これまでの社会科学では、実験の現象かアンケートに頼るしかありませんでしたが、この「ソーシャル物理学」では、通話記録やクレジットカード履歴、GPS位置情報など、人々の行動の痕跡を示すビッグデータをもとにした研究です。そこから、人間のアイデアや行動のパターンなど、世の中のさまざまな現象も説明できるようになったのです。ちなみに彼らの研究は、MITテクノロジーレビュー誌から「世界を変える10のテクノロジー」のひとつとして選ばれています。

 

sc08

ソーシャル物理学の研究結果をいくつか紹介します。特に興味深いのは「チームづくりの科学」です。彼らが解析した「最強チームの法則」とはなんでしょう?チームの中に、イチローや大谷翔平のような抜きん出た達人がいることでしょうか?しかし解明されたデータは、僕たちの直感とは異なりました。そのような突出した「個人の能力」と「組織の生産性」との間には相関関係がほとんどないことがわかりました。強いチームの秘訣は「チーム内コミュニケーションにおける3つの特性」にあったのです。

sc09

 

続いてグーグルが行った、社員の生産性を極限まで高めるために各界のエキスパートを集結させて行った実験「プロジェクト・アリストテレス」についても取り上げます。

最後に、机上で学ぶだけでなく「自分の組織に、それらの知見をいかに応用すべきなのか」を発見するワークショップも行います。これにより、最新のソーシャルキャピタル理論を「明日から使えるノウハウ」としてみなさまの職場に持ち帰っていただくことが目的です。
 
講義のあとには、参加者同志のソーシャルキャピタルを醸成するために、軽い懇親会も用意しています。

sc101

ちなみに今回のお話は、学習院大学の講義「企業経営とソーシャルキャピタル」(90分 × 13回) のエッセンスを、ビジネスパーソン向けにぎゅーっと凝縮した内容となっています。かわいい教え子からこんな感想をたんさんもらい、教師冥利につきると心から感謝しております。

 

sc11

  

なお、このイベントは冒頭でご紹介した一般社団法人「ソーシャルシフト・ラボ」における、はじめてのオープンな取り組みです。ここでほんのすこしだけラボのご紹介を。
 
 

sc12

 

以下のスライドシェアをご覧いただければ、もうすこし詳細がわかります。当日は200枚を超えるスライド、ムービー、ワークショップを交えた内容となりますので、ご期待くださいませ。
 
なお、このイベント (12月14日18:30から、大手町 3×3 Labにて) は、ソーシャルシフト・ラボとしての初トライアルなので、講義後の懇親会実費 (2000円) のみでの開催となります。参加人数には限りがありますが、もしご興味ある方はこちらのFacebookグループをご覧くださいませ。

さんさんビジネスクリエイトvol.8 ~ 幸せと成功の源泉「ソーシャルキャピタル」を学ぶ 

 

ソーシャルキャピタル講義 (企業版の告知用抜粋版) from Toru Saito

 

COMMENT

AUTHOR PROFILE

  • 著者:斉藤徹

株式会社ループス・コミュニケーションズ代表取締役。

 

1985年、慶應義塾大学理工学部を卒業し、日本IBM株式会社入社。1991年2月、株式会社フレックスファームを創業。2005年7月、株式会社ループス・コミュニケーションズを創業し、ソーシャルメディアのビジネス活用に関するコンサルティング事業を幅広く展開。20年を超える起業家としての経験とビジネスに関する知見に基づき、ソーシャルシフトの提唱者として「透明な時代におけるビジネス改革」を企業に提言している。著書に『再起動 リブート』(ダイヤモンド社)『BEソーシャル 社員と顧客に愛される5つのシフト』『ソーシャルシフト これからの企業にとって一番大切なこと』(日本経済新聞出版社)、『新ソーシャルメディア完全読本』(アスキー新書)、『ソーシャルシフト 新しい顧客戦略の教科書』(共著、KADOKAWA)など多数。

 

2016年4月から学習院大学経済学部経営学科の特別客員教授に就任。「起業論」「企業経営とトップマネジメント」「企業経営とソーシャルキャピタル」「インキュベーション塾」の講義を担当する。

  • twitter
  • facebook
記事の一覧を見る

ARCHIVES