Instagramインサイトで確認できる指標に関する解説 その2

関根健介 | 2022/09/21

Instagramインサイトで確認できる指標に関する解説 その2

前回の記事ではアカウント全体の運用状況が把握できる「リーチしたアカウント数」「アクションを実行したアカウント」「合計フォロワー」などに関して解説しました。本記事では投稿、ストーリーズ、リール、動画、ライブ動画など、個々の投稿の詳細なインサイトが確認できる「あなたがシェアしたコンテンツ」の解説をしていきます。
 ※インサイトは無料で、ビジネスアカウントとクリエイターアカウントでのみお使いいただけます。

 

投稿

 

 

 

投稿のインサイトを確認する方法は2通りあります。1つは、プロフィールページの「プロフィールを編集」の下に表示されているインサイトをタップ。「あなたがシェアしたコンテンツ」までスクロールダウン、「Posts」をタップします。ここから指定した期間(最大過去2年分)の投稿に関して、以下項目ごとにパフォーマンスが高い投稿を確認することができます。

 

  • ●[メールを送信]ボタンのタップ数
  • ●[通話するボタン]のタップ数
  • ●いいね!の数
  • ●インプレッション数
  • ●ウェブサイトのタップ数
  • ●コメント数
  • ●テキストボタンのタップ数
  • ●ビジネスの住所のタップ数
  • ●フォロー数
  • ●プロフィールの表示数
  • ●リーチ
  • ●保存数
  • ●動画再生数
  • ●投稿でのインタラクション

 

より詳細なパフォーマンスを知りたい場合は、公開された投稿の下にある「インサイトを見る」をタップします。以下の指標を確認することができます。

 

 

  • ●概要(リーチしたアカウント、アクションを実行したアカウント、プロフィールのアクティビティー)
  • ●リーチ(リーチしたアカウント数(フォロワー、フォロワー以外))
  • ●インプレッション(ホーム、ハッシュタグ、プロフィール、その他)
  • ●エンゲージメント(アクションを実行したアカウント(フォロワー、フォロワー以外))
  • ●投稿でのインタラクション(いいね!の数、コメント数、保存数、シェア数)
  • ●プロフィールのアクティビティー(フォロー数、ウェブサイトのタップ数、プロフィールへのアクセス)

 

投稿のインサイトを確認することで今後の投稿の指針として参考になる傾向を把握することができます。
例えばパフォーマンスの高い投稿については、インプレッションがどこで発生しているのか、投稿した時間帯や曜日、注目すべきテーマ別のコンテンツトレンドがあるかどうかなどの傾向を把握することができます。「ハッシュタグから」の指標で多くのインプレッションを獲得している投稿では、今後利用すべきハッシュタグの傾向をつかめるかもしれません。


ストーリーズ

 

 

 

ストーリーズのパフォーマンスは、プロフィールページの「プロフィールを編集」の下に表示されているインサイトをタップ。「あなたがシェアしたコンテンツ」までスクロールダウン、「Stories」をタップ。指定した期間(最大過去2年分)で以下の指標別に高いパフォーマンスのストーリーズを確認することができます。

  • ●戻る
  • ●[通話するボタン]のタップ数
  • ●[メールを送信]ボタンのタップ数
  • ●ストーリーズからの移動数
  • ●フォロー数
  • ●次のストーリーズ
  • ●ビジネスの住所のタップ数
  • ●インプレッション数
  • ●リンクのクリック数
  • ●次へ
  • ●プロフィールの表示数
  • ●リーチ
  • ●テキストボタンのタップ数
  • ●ウェブサイトへのタップ数

 

より詳細なパフォーマンスを知りたい場合は、ストーリーズを上にスワイプして、画面左下側のインサイトアイコンを選択してください。以下の指標を確認できます。

 

 

  • ●概要(リーチしたアカウント数、アクションを実行したアカウント、プロフィールのアクティビティー)
  • ●リーチ(リーチしたアカウント数(フォロワー、フォロワー以外)、
  • ●インプレッション
  • ●エンゲージメント(アクションを実行したアカウント)
  • ●ストーリーズでのインタラクション(シェア数、返信数)
  • ●リンクのクリック
  • ●ナビゲーション(次の写真や動画を見るためにタップされた回数、ストーリーズからの移動数、次のストーリーズ、前の写真や動画を見るためにタップされた回数)
  • ●プロフィールのアクティビティー(プロフィールへのアクセス、フォロー数)

 

タイムライン上部のストーリーズの表示順はアルゴリズムにより調整されており、新しい投稿やエンゲージメントが高い投稿などがより左側に表示される仕組みになっている考えられています。どのようなストーリーズが高いエンゲージメントを獲得しているのかインサイトを確認してください。特定のテーマのストーリーズが高いエンゲージメントを獲得しているなどの特徴を発見できるかもしれません。「ストーリーズからの移動数」を確認してください。この指標はストーリーズの閲覧を途中で止め、移動してしまったアカウントの数を表します。ユーザーが興味を失ったストーリーズを把握することができ、今後の投稿コンテンツの企画に役立てることができます。

 

リール動画

 

 

リール動画のパフォーマンスは、プロフィールページの「プロフィールを編集」の下に表示されているインサイトをタップ。「あなたがシェアしたコンテンツ」までスクロールダウン、「Reels」をタップ。指定した期間(最大過去2年分)で以下の指標別に高いパフォーマンスのリール動画投稿を確認することができます。

 

  • ●コメント数
  • ●いいね!数
  • ●保存数
  • ●リーチ数
  • ●再生数
  • ●リールでのインタラクション

詳細なパフォーマンスを知りたい場合は、特定のリール動画を開き、画面右下に表示されている3つのドットのアイコンをタップすると、以下の指標を確認することができます。

 

 

  • ●リール動画のインサイト(InstagramとFacebookでの再生数、InstagramとFacebookでの「いいね!」の数)
  • ●Instagram(リーチしたアカウント数、再生数、いいね!の数、コメント数、保存数、シェア数)
  • ●Facebook(再生数、「いいね!」の数)

 

動画

 

 

動画投稿のパフォーマンスはプロフィールページの「プロフィールを編集」の下に表示されているインサイトをタップ。「あなたがシェアしたコンテンツ」までスクロールダウン、「Videos」をタップ。指定した期間(最大過去2年分)で以下の指標別に高いパフォーマンスのストーリーズ投稿を確認することができます。

 

  • ●平均再生率
  • ●ウェブサイトのタップ数
  • ●[通話する]ボタンのタップ数
  • ●コメント数
  • ●[メールを送信]ボタンのタップ数
  • ●フォロー数
  • ●ビジネスの住所のタップ数
  • ●インプレッション数
  • ●いいね!の数
  • ●プロフィールの表示数
  • ●リーチ
  • ●保存数
  • ●テキストボタンのタップ数
  • ●動画再生数
  • ●動画でのインタラクション

 

 

詳細なパフォーマンスを知りたい場合は、特定の動画を開き、画面右下に表示されている3つのドットのアイコンをタップすると以下の指標を確認することができます。

 

  • ●概要(リーチしたアカウント数、コンテンツでのインタラクション、プロフィールのアクティビティー)
  • ●リーチ(リーチしたアカウント数(フォロワー、フォロワー以外)、再生数)
  • ●インプレッション(ホーム、プロフィール、ハッシュタグ、その他)
  • ●コンテンツでのインタラクション(いいね!の数、コメント数、保存数、シェア数)
  • ●プロフィールのアクティビティー(プロフィールへのアクセス、フォロー数)

 

Instagramからは投稿とストーリーズの評価に関してユーザーが投稿に費やす時間を重視しているとの発表もあります。動画では画像に比べてユーザーが投稿に費やす時間は多いことが想像されます、そのためInstagramのアルゴリズムから高評価を受け、「発見タブ」に表示される機会が増える可能性が高まると考えられます。フォロワー以外へのリーチを増やすため、どの動画がユーザーの関心を維持させ続けることができたのか把握し、今後どのような動画を作っていくべきなのか手がかりをつかむことができるかもしれません。
 ※Instagram社より15分未満の動画は今後リール動画として投稿されるとの発表がありました。今後上記動画投稿に関して確認できる指標は変更になることが予想されます。

 

ライブ動画

 

 

 

 

ライブ動画のパフォーマンスは、プロフィールページの「プロフィールを編集」の下に表示されているインサイトをタップ。「あなたがシェアしたコンテンツ」までスクロールダウン、「Live」をタップ。指定した期間(最大過去2年間)で以下の指標別に高いパフォーマンスのライブ動画投稿を確認することができます。

 

  • ●コメント数
  • ●リーチ数(リーチしたアカウント数、ピークの同時視聴者数)
  • ●コンテンツでのインタラクション(コメント数、シェア数)

 

 

より詳細なパフォーマンス概要を知りたい場合は、特定のライブ動画投稿を開き、画面右下に表示されている3つのドットのアイコンをタップすると、以下の指標を確認することができます。

 

  • ●概要(リーチしたアカウント数、コンテンツでのインタラクション、プロフィールのアクティビティ)
  • ●リーチ(リーチしたアカウント数(フォロワー、フォロワー以外)
  • ●再生数
  • ●インプレッション(ホーム、ハッシュタグ、プロフィール、その他)
  • ●コンテンツでのインタラクション(「いいね!」の数、保存数、コメント数、シェア数)
  • ●プロフィールのアクティビティー(プロフィールへのアクセス、フォロー数)

 

まとめ

 

2021年5月のアップデートによりInstagramインサイトでは、すべての投稿タイプでリーチやいいね!、コメント、保存などのエンゲージメントの内訳となる数値などが確認できるようになり、より細かな仮説検証ができるようになりました。期間も2年前まで遡ることができ、中長期的にアカウントのパフォーマンスを把握することができます。

Facebookとインスタグラムを連携させることで、PCからもInstagramインサイトを確認できますが、確認できる指標はリーチやいいね!、コメントなど一部の指標に限られているため、スマートフォンアプリからの確認をお勧めします。スマートフォンアプリから確認をすれば、ホーム、検索、ハッシュタグなど、インプレッションの内訳やフォロワー、フォロワー以外のアクションを実行したアカウントの内訳のような、本記事で解説しているすべての指標を確認することができます。

現時点(2022年9月9日時点)では、スマートフォンアプリからインサイトデータをダウンロードすることはできないため、報告用のレポートを作成したい場合などは、データをエクセルシートなどに確認したInstagramインサイトの情報をまとめておきましょう。

 

本記事にて解説しているInstagramインサイトの指標について、次のリンクよりダウンロードしていただけます。

IGインサイト指標解説資料ダウンロード

 

※ダウンロードデータ利用上のご注意

当社はダウンロードデータに対して、正確性、最新性、第三者の権利を侵害していないこと等、何らかの保証をするものではありません。したがって、ユーザーまたは第三者が、ダウンロードデータを使用することで何らかの損害を被った場合においても、一切の責任を負いません。

 

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AUTHOR PROFILE

  • 著者:関根健介

ループス・コミュニケーションズ所属。某コンサルティング会社にてWebマーケティングやバイラルマーケティングを経験した後、数年放浪し2011年12月からループスへジョイン。ソーシャルメディアの健全な普及をねがい日々精進しています。関心のあるテーマはO2O・地域活性×ソーシャル・医療×ソーシャル・ソーシャルコマース ま〜ソーシャル全般です。

リア充な周囲の方の影響を受け、ギターとゴルフを始めました。

【座右の銘】 意思あるところに道あり

【Facebook】www.facebook.com/kensuke.sekine.7

【Twitter】 @kensuke_sekine

  • twitter
  • facebook
  • G+
記事の一覧を見る

ARCHIVES